あっぱれのこだわり/仕出し弁当 大阪 あっぱれ

仕出し弁当大阪あっぱれ 仕出し弁当、パーティ、各種お祝い膳、会議・セミナー、法事
電話番号
定休日 : 月曜日(祝祭日は営業)




あっぱれのこだわり料理の作り方

「大阪の仕出し弁当あっぱれ」では、100%手作りに挑戦しています。

出前屋あっぱれでは、自前で手作りのできないかまぼこなどは使用しておりません。
「一切を手作りで提供したい」
その願いを基に、お寿司のガリ(しょうが)にいたるまで手作りにこだわっておもてなしをしております。

あっぱれ流 手作り料理の作り方

出前屋あっぱれが仕出しするお料理や出前するお弁当に入るお料理の作り方を一部ではありますがご紹介します。




あっぱれ料理の作り方/厳選素材編

ご飯
お弁当やお寿司など、冷めてもおいしいお米を厳選しております。当店の為に社長様自ら管理していただいているトーベイ株式会社から仕入れています。
ご飯

魚、野菜
当日使用する魚や野菜は、すべてその日に仕入れております。一番美味しいものをいただいてほしい…常にお客様の笑顔を思いながら市場に出ています。
たとえば鮭なら、ノルウェーより空輸した生のアトランティックサーモンを使用しています。鮮度と旨みの違いをぜひご賞味ください。
魚、野菜

梅肉

高級紀州梅で名高い丸山商店から、傷ついた梅干しを特別に安価で分けていただいております。それを丁寧につぶして、香りも舌ざわりも秀逸な梅肉に仕上げています。
 

天ぷら油

冷めてもおいしい天ぷらを追求した結果、冷めた時にも癖のでない築野食品のこめ油を使用しています。
天ぷら油

ページのトップペ戻る



あっぱれ料理の作り方/料理編

田楽味噌

数種類の八丁味噌をブレンドし、それに卵、酒、砂糖などを合わせて味を整え1時間半ほど弱火で丁寧に練りこみます。手作りの証である、味噌の角が取れたまろやかな味とやさしい舌ざわりが自慢です。
田楽味噌

天ぷら
衣が薄いと冷めたらべたべた…厚いと素材の持つ旨みを活かせない…
海老など素材の味が活きた、冷めてもおいしい天ぷらを探求して、適度な衣・油温・タイミングで揚げています。もちろん粉は、気温も考慮しながら、常に冷たくしています。この、かなり高度な技を駆使した当店の天ぷらは自慢の一品です。
天ぷら

グラタン
当店ではチーズは使用しておりません。冷めてもおいしく召し上がっていただくためのこだわりです。薄力粉を炒ったところに溶かしバターを入れ、温めた牛乳を少しずつ加えながらシンプルなホワイトソースを作ります。数種類の野菜と調味料で味を整えたあと、当店マル秘だしを加えて仕上げた、深みのある味をぜひご賞味ください。

出汁巻き卵
当店マル秘だしを加えた卵をやや強めの火加減で手早く焼き上げます。焦がさないように弱火で焼くと、卵の中に油が入り、冷めたら油っぽい仕上がりになってしまうためです。



みなさまに喜んでいただける料理の作り方は、やはり手作りだと信じております。
ご注文お待ちしております。

ページのトップへ戻る

仕出し弁当大阪あっぱれのお料理

仕出し弁当大阪あっぱれについて

コミュニティー

最新パンフレットのご請求

平成29年 一番福 福男
鈴木 隆司 さん


平成28年 一番福 福男
水田 道成 さん


平成27年 一番福 福男
志和 智徳 さん
平成27年 一番福 福男志和 智徳 さん

平成26年 一番福 福男
京田 世紀 さん